父親が倒れまして。

  • 2018/09/16 20:42
  • Category: 日記
惰眠を貪って少し遅めに起きて洗濯してから散歩を済ませ、さてドライブレコーダーのチェックでもしようかなぁ…なんて思っていたら弟から電話が入りまして。弟も移動中で詳細不明としながらも親父が倒れて救急車で運ばれたことを知りました。付き添っているはずの母親とは連絡が取れず、やむなく弟の連絡を待っていたら公衆電話から着信。携帯を忘れて出た母親からでした。

搬送先の病院に着いて詳しく聞くと、何かを食べていて喉に詰まらせ、たぶんそれを吐こうとトイレに行って吐ききれず、そのまま窒息して倒れたようです。近所のデイケアの方がAEDされたようですが救急車に乗せられたときは心肺停止状態だったらしく、そのまま低体温療法に移行したようです。脳に血が巡らない時間もあったでしょう。元より痴呆の進んだ高齢者ですから意識が戻ることさえ怪しい状態ですね。

母親も僕ら親族も過度な延命処置は望まない考えなので、万が一の覚悟はしても悲壮感はあまり無いのが救いですかね。

主治医が出勤する火曜日以後に詳細を打ち合わせる予定になっています。火曜日なら午前中は仕事の打ち合わせなので午後からかなぁ。ことんもトリミングに出さないといけないし。今週はちょっとバタバタになりそうです。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

PandaGraph

Author:PandaGraph
五十路・再独身の僕と
相棒のトイ・プードル、
ことんとの1人1匹の
徒然日記。

FC2カウンター

検索フォーム

リスト